滑走WAX&ダリング

定期的なワクシングや特殊機械を使わないチューニング。
なお、ボードをご購入いただいた場合、プレチューン(ノーマルコースとダリング)をサービスいたします。

ボードチューンBASIC(一般的な滑走面のチューニング)

仕上げメニュー

※表示料金は税別

スペシャルコースの工程

プレヒート
ベネトレーションヒーター

アイロンでベースWAXをかける前に、ガリウム社製ベネトレーションヒーターを使って、ボードを加温します。そうすることによって、浸透性が格段に向上し、従来の約5倍のベースWAXを染み込ませることができるようになります。

なお、ベネトレーションヒーターを使って3種類のベースWAXを入れる作業は、手間はかかるものの、Vサーモで1種類のWAXを一気に入れるよりも、強固な滑走面ができあがります。また、比較的低温でワクシングができるので、板への負担が少ないというメリットもあります。

ベースWAX(3種類)
ベースワックス

硬さ(粒子の大きさ)が違う3種類のベースWAXを、
大中小の順で3回にかけて、アイロンで塗りこみます。

ワックスの浸透

そうすることで、滑走面にベースWAXがしっかりと入り込み、硬い下地が造られます。
ベースワックスを入れる作業は、次の点からとても重要です。

  1. 滑走面を保護する。
  2. 滑走面を滑らかにする。
  3. ベースWAXが滑走WAXと結合することで、滑走WAXの機能を持続させる。
滑走WAX
トップワックス

滑走WAX(トップWAX)は、雪面の温度によって使い分けます。

どれにしたら良いか分からない場合、シーズンや滑走場所をご指定ください。最適な滑走WAXをご提案いたします。

なお、滑走WAXには、コスラボワックスを使用しています。

また、店内には、ガリウムとコスラボをはじめ、多数のWAXを在庫しております。ご自分でワクシングされる方は、ぜひご利用ください。

ダリング(当店でご購入ボードのみ)

ダリング

ダリングは、ボードの余分なエッジを丸める作業。ボード両端のエッジは、滑走のためではなく、ボードを保護するためのものです。だから、エッジが立っている必要はありません。また、衝突した際に、相手にケガをさせないためにも、ダリングは行なうべきでしょう。

ロングアイランドでは、滑走に必要な部分と必要ではない部分を、無段階的に手作業でダリングします。

ダリング
お問合せ